最新試合結果

秋田NB
R.F.C
  セコム
31   11

2017年11月26日(日)
秋田市/あきぎんスタジアム

試合結果

過去の試合結果はこちら

次の試合予定

■トップイーストリーグDiv.1
 -- 
 -     - 

日時: - 
会場: - 

応援ツアーのご案内チラシ
応援ツアーのご案内

2017ポスター
2017ポスター

プレアデス選手募集
女子ラグビーメンバー募集

ノーザンブレッツプレスリリース

自動販売機設置情報

ノーザンブレッツフォトギャラリー

Div.1第2節 vsヤクルト Levins戦のメンバー発表

2017年09月15日

9月17日(日) 12時キックオフ
ヤクルト戸田総合グラウンド(埼玉県)で行われる、Div.1第2節 ヤクルトLevins戦のメンバーを発表します。
VSヤクルトLevins戦メンバー表
《Div.1第2節 ヤクルトレビンズ戦の見どころ》
初戦の清水建設ブルーシャークス戦は本当に惜しい試合だった。実力の伯仲した試合だったが、ペナルティと主力外国人選手に対する2枚のイエローカードが試合を決定づけた。しかし、これも実力のうち。修正・強化を進め、残りの試合を全勝して、トップイーストリーグDiv1優勝、そしてトップチャレンジリーグ昇格を目指してもらいたい。
 さて、迎えた第2節はここ3年連敗を喫しているヤクルトレビンズとの戦いだ。ヤクルトは安定したセットプレーとブレイクダウンの強さを売り物にしており、派手さはないが、コンスタントに安定した力を発揮するチームだ。
また、トライやペナルティゴールなど得点の多くを外国人選手があげており、それをどう防ぐかが重要になってくる。その外国人選手は、フランカーのハミッシュ・パターソン、スタンドオフのニック・イブミー、ウイングのトム・コックスの3名。いずれも実力抜群の好選手だ。さらに日本人選手もキャプテンのロック長田をはじめ、ワークレートの高い好選手がそろっている。
対する秋田ノーザンブレッツ(以下「秋田NB」)は初戦で黒星を喫し、チーム目標である優勝のためには、もう1敗もできないところ。必勝態勢で臨む。
メンバーを見ると、FWは前節と全く同じ。前回からさらに選手間のコミュニケーションを深め、課題のラインアウトは改善されているはずだ。
一方、バックスは大きなメンバー変更があった。スクラムハーフに成田が入ったほか(前節はウイング)、センターのトゥクフカ・トネ、ウイングの南波流、フルバックの齊藤が新たに先発に入るなど、バックス7名中4名が初戦から変更となった。
雨が予想されるだけに、センター2人を外国人選手で固め、近場でボールを下げずにアタックを継続しながら、リスクを冒さない戦い方でロースコアーの展開に持ち込み、後半、切り札ジョシュア・ケレビを投入して一気に勝利を手中に収める作戦か。いずれにしろ必勝の試合だけに、チーム一体となった戦いで、必ずや勝利を収め、次節、ホーム・あきぎんスタジアムでの明治安田生命ホーリーズ戦につなげてもらいたい。

▲このページのトップへ

Comments are closed.

順位表

ユニホームスポンサー

トレーニングウエアスポンサー

ピッチバナースポンサー

特別スポンサー

S&Cアドバイザー

バーシティウエイトルームバーシティ・ウエイトルーム

ケータイサイト