最新試合結果

秋田NB
RFC
  クリーンファイターズ
61   17

2018年11月24日(土)
東京都/秩父宮ラグビー場

試合結果

過去の試合結果はこちら

次の試合予定

■トップイーストリーグDiv.1
- 
 

日時:-
会場:-

応援ツアーのご案内チラシ
応援ツアーのご案内

2018ポスター
2018ポスター

プレアデス選手募集
女子ラグビーメンバー募集

ノーザンブレッツプレスリリース

自動販売機設置情報

ノーザンブレッツフォトギャラリー

【観戦記】Div.1第最終節 クリーンファイターズ戦観戦記

2018年12月04日

トップイーストリーグDiv1の戦いもクライマックス、11月24日(日)秋田ノーザンブレッツ(以下「秋田NB」)は3勝5敗の6位でクリーンファイターズとの最終節を迎えた。聖地秩父宮での戦いでもあり、この試合をきっちり勝ちきり、来シーズンにつなげる形でシーズンを終えてもらいたいところだ。
志気あがる秋田NBは開始早々から猛攻を開始、キックオフからの自陣からの連続攻撃でNO8の貴布がノーホイッスルトライ、7-0と幸先の良いスタートを切った。その後も、8分にはラインブレイクからセンター・トネ、11分にはフォワードラッシュからロック・テモ、15分にはラインアウトモールからフッカー今井がトライをあげ、28-0とリードした。
その後、大量リードからかディフェンスが甘くなり、クリーンファイターズ(以下「クリーンF」)の連続攻撃を許す。なかなか、ターンオーバーができない中、27分にトライを許して28-7と追い上げられた。その後も前半早々の勢いは無く、お互いに1トライずつを上げ33-12で前半を終えた。
後半は風下となったが、スタンドオフの田村やセンター齊藤の好キックで陣地を確保し、敵陣での戦いが続く。そうした中、6分にはスクラムハーフの鈴木が良くフォローしトライ、40-12とした。クリーンFもしぶといディフェンスを見せるが、秋田NBは19分、28分にトネが連続トライを決め54-12と点差を広げた。
終盤、34分にはウイングの伊藤が快足を飛ばしトライ、61-12とした。もう1トライでシーズンを締めくくってほしいと願ったところだが、最後は粘るクリーンFにトライを決められ61-17でノーサイドとなった。
この日は東京在住の秋田県出身者など多くの秋田NBファンが秩父宮ラグビー場を訪れ、大きな声援を送ってくれた。勝利に喜ぶ秋田ファンからは来シーズンの期待の声が多く聞かれたところである。
今シーズンの秋田NBは4勝5敗で2018年シーズンを終えた。勝率、順位は昨シーズンと同じであるが、獲得トライ数を減らし、失トライ数を大きく増やした。確かに、キーポジションにけが人の多い年ではあったが、名将花岡チームディレクターの元、来シーズンは是非とも上位進出を果たしてほしい。
最後に、今シーズン、秋田NBをさまざまな面から応援・支援いただいた関係各位に心から感謝申しあげます。

▲このページのトップへ

Comments are closed.

順位表

ユニホームスポンサー

トレーニングウエアスポンサー

ピッチバナースポンサー

特別スポンサー

S&Cアドバイザー

バーシティウエイトルームバーシティ・ウエイトルーム

ケータイサイト