最新試合結果

秋田NB
RFC
  釜石
シーウェイブス
29   45

2020年11月8日(日)
秋田市/あきぎんスタジアム

試合結果

過去の試合結果はこちら

次の試合予定

■トップイーストリーグDiv.1
 -     - 

日時: - 
会場: - 

2019ポスター
2019ポスター

プレアデス選手募集
女子ラグビーメンバー募集

ノーザンブレッツプレスリリース

自動販売機設置情報

ノーザンブレッツフォトギャラリー

トップイーストリーグ第3節プレビュー

2010年09月26日

 ジャパンラグビートップイーストリーグ第3節が9月26(日)、岩手県釜石市陸上競技場で行われ、秋田ノーザンブレッツR.F.Cはここまで2戦全勝の釜石シーウェイブスと対戦。秋田NBは前半、4トライを許し3-28で折り返したが、後半に奮起。後半5分にCTBアラスカがトライを挙げると、No.8ティウアナが続けざまにノーホイッスルトライ。後半31分にSH安藤大樹、さらにCTB姉川隼がインターセプトからノーホイッスルトライを挙げ、7点差まで詰め寄ったが、後半38分にトライを許し、惜しくも29-43で敗戦した。ブレッツは3戦3敗ながらも、この試合で4トライを奪ったことから勝ち点1を得た。次戦は10月11日(月・祝)、秩父宮ラグビー場で栗田工業と対戦する。

 あと一歩。大漁旗が乱舞する完全アウエーの釜石市陸上競技場で、秋田NBが20年ぶりの金星を逃した。前身の秋田市役所が平成2年に釜石を破っていらいとなる秋田県の単独チームの釜石からの勝利に、1トライ差まで詰め寄り、窮地に追い詰めたものの、釜石を仕留め切ることができなかった。

 最後の最後まであきらめず、食らいついた戦いが終わった瞬間、ブレッツの選手たちは、これまでにない充実した表情を浮かべた。敵地のファンからも釜石以上の拍手をもらい、応援ツアーで駆け付けた地元のファンからはスタンディングオベーション。開幕から2連敗を喫っしながらも、昨年以上の戦いを演じてきたブレッツが、勝ち点1という結果を残し、進化を実証した。

 秋田NBは、故障の松橋健主将に代えてHO(フッカー)に、新人の佐藤正樹を3試合連続で起用。LO(ロック)に白幡学、No.8にティウアナ・タカプを起用。バックスは、この試合で初めて先発からエース安藤大樹をSHで起用。FBに渡部知弘をWTBから回し、左WTBにはコンタクトプレーに強い簾内洋平を配置した。 

■ブレッツメンバー
左PR戸松伸、HO佐藤正樹、右PR佐々木文弥、左LO白幡学、右LO目黒健太、左FL夏井玄、右FL白幡友也、No.8ティウアナ・タカプ、SH安藤大樹、SO高橋俊、左WTB簾内洋平、左CTB笹渕稔、右CTBアラスカ・タウファ、右WTB田村恒太、FB渡部知弘(リザーブ)二田慎一、中泉孝平、佐々木尚仁、コレシ・レドゥア、早川翔太、姉川隼、マヌエリ・ナワル

■釜石メンバー
左PR斉藤芳、HO小野寺政人、右PR神田佑樹、左LOファーデイ、右LOルイ、左FL佐伯悠、右FL岡崎英ニ、No.8馬渕勝、SH長田剛、SO小原義巧、左WTB佐々木天晃、左CTBニールソン、右CTBアラティニ、右WTB清水雅之、FB津嶋俊一(リザーブ)吉田竜二、佐々木和樹、保坂豪、須田康夫、八重樫俊介、赤井優太、森山裕樹

 前半、ブレッツはタックルの甘さから簡単にトライを許したが、後半は一転。厳しいディフェンスと果敢なアタックで一気に釜石を押し込んだ。

 後半5分、カウンターからCTBアラスカがゲインラインを突破。そのまま連続攻撃を仕掛け、最後はSO高橋俊をフォローしたアラスカがゴールラインにダイブ。釜石の壁を乗り越えると、ブレッツは一気に波に乗った。

 キックオフの蹴り返しをFB渡部知弘が自陣からカウンター。左FL夏井玄につなぎ、ゴール前のラックから左に展開。BKラインに入ったNo.8ティウアナがポスト右にノーホイッスルトライ。17-28と詰め寄った。

 後半13分、釜石はゴール前で得たペナルティーから慎重にPGを選択し、PGを成功。さらに後半20分にトライを重ね、17-36と引き離しにかかったがブレッツの士気は衰えない。

 後半31分、ブレッツはペナルティーからタッチキックを狙わずに真っ向勝負を選択。右PR佐々木文弥の突進からゴールラインに迫り、最後はラックサイドをSH安藤が突いてトライ。残り9分を残し、トライ数で2本差の14点差に迫ると、後半途中から入ったルーキー姉川のビックプレーが炸裂。自陣22?付近から相手パスをインターセプトして、そのまま70?を独走。ブレッツにとって、この試合2本目のノーホイッスルトライで、釜石を瀬戸際まで追い詰めた。

 最後は、後半38分にトライを許して力尽きたが、試合の主導権を握った上での惜敗。試合後、石塚也寸志監督は「前半のタックルの甘さが悔やまれる」と、勝てた試合を落とした悔しさをにじませていた。

 ここまでの2試合、東京ガス、三菱重工相模原に8-43、8-57で敗れたものの、ブレッツは粘り強いディフェンスで点差を昨シーズンの半分に縮めていた。課題だったスクラムとラインアウトのセットプレーも、ショートラインアウトを多用したり、ボールを投じるタイミングを工夫したりと修正。攻撃の機会が増えたことで、アラスカの加入などによって決定力が増したアタックが4トライという結果となって現れた。

 あとは、この3戦後手を踏んでいる立ち上がりの甘さを修正できれば、横河武蔵野、三菱重工相模原、東京ガス、釜石シーウェイブスにキャノンを加えたトップ5に続く位置に食い込む可能性も十分に見えてきた。

▲このページのトップへ

Comments are closed.

順位表

ユニホームスポンサー

トレーニングウエアスポンサー

ピッチバナースポンサー

株式会社北都銀行
秋田プライウッド株式会社
医療法人梅栄会 細谷病院
株式会社ナイス
秋田日産自動車株式会社(日産秋田会)
東北電力株式会社秋田支店
秋田信用金庫
秋田魁新報社
株式会社秋田放送
秋田テレビ株式会社
秋田朝日放送株式会社
株式会社秋田ケーブルテレビ
秋田キャッスルホテル
秋田海陸運送株式会社
秋田トヨペット株式会社
タプロス株式会社
スポーツショップ竹半
ミズノ株式会社盛岡営業所
男鹿清掃興業株式会社
株式会社メディハーツすずらん薬局
医療法人圭山会山王整形外科医院
トヨタカローラ秋田株式会社
日本航空株式会社
サントリービバレッジサービス株式会社
秋田いすゞ自動車株式会社
株式会社アクネス不動産
アサガミ株式会社
株式会社ユアテック
秋田酒類製造株式会社
YURIホールディングス株式会社
株式会社三共農機
秋田県信用保証協会
株式会社エフ・リンク・コーポレーション
医療法人社団 宝樹会
株式会社斎藤昭一商店
秋田県信用組合
株式会社ヌノタニ
互大設備工業株式会社
株式会社オーク
秋田なまはげ農業協同組合
株式会社仲村保険サービス
JA全農あきた
株式会社トワ・プール
山二建設資材株式会社
秋田観光バス株式会社
株式会社アキケン
前田道路株式会社

特別スポンサー

S&Cアドバイザー

バーシティウエイトルームバーシティ・ウエイトルーム

ケータイサイト